本サイトではプロモーションが含まれています

【2024年】埼玉西武ライオンズ戦力外通告予想!退団選手や自由契約は?

スポンサーリンク

戦力外通告は、応援している球団から選手がいなくなる寂しさがありますよね。

ですが、チームがより強くなっていくためにも避けられない道でもあります。

この記事では、埼玉西武ライオンズの現在のチーム成績や戦力分析から、今年戦力外通告や自由契約、チームを退団する選手を予測していきます。

スポンサーリンク

西武ライオンズのチーム成績・戦力分析

2024年の打者成績

2024 パ・リーグ打撃成績※2024年7月21日時点の情報をもとに作成しています

2024年のライオンズは打撃成績で苦しみました。特に外野手の成績は軒並みリーグ平均を下回っており、うまくチームが周っていません。ここ近年外野手の不調がとにかく響いているため、まずは打てる選手を起用したいです。

OPSの指標については、こちらの記事で解説しています↓

2024年の投手成績

2024 パ・リーグ投手成績※2024年7月21日時点の情報をもとに作成しています

2024年シーズン序盤は圧巻の投球をしていた、先発投手陣も崩れる試合が多くなりました。中継ぎは守護神が安定感を欠き終盤で逆転される試合もチラホラ、、補強するなら中継ぎからでしょう。

選手層・年齢層のバランス

2024年 埼玉西武ライオンズ ポジション別年齢分布図

近年外野手の育成に苦労しており、即戦力外野手を指名している影響か、23~26の年齢に偏りが生じています。

トレード等で選手のバランスを整えてもいいでしょう。

戦力外通告を受ける人数は?

  • 2023年に戦力外通告を受けた人数は205名
    1球団当たり17人の計算
  • そのうち支配下登録の内訳は98名
    1球団当たり8.1人の計算
  • 育成再契約となった選手は49名
    再契約することができない選手は156名

昨年の戦力外通告の結果をみると、12球団の支配下選手のうち98名が戦力外通告を受けています。

1球団当たり、8.1人でした。

2022年は支配下選手70名が戦力外通告を受けて、1球団当たりが5.8人と比べると、多かったことがわかります。

西武ライオンズの支配下登録の人数

西武ライオンズの支配下登録の選手は現在64名です。(2024年4月22日現在)

支配下登録できる選手の人数の上限は70名なので、6枠余裕があります。

参考:NPB公式サイトより

戦力外通告の期間はいつからいつまで?

戦力外通告の期間は、第一次と第二次の2回あります。

第一次戦力外通告期間は、2軍の公式戦がすべて終了した翌日から、CSの開幕日前日までです。

第二次戦力外通告期間は、CS終了日翌日から、日本シリーズ終了翌日までになっています。

※日本シリーズ出場チームの第二次戦力外通告期間は、日本シリーズ終了日から5日後まで

  1. 9月30日(月)~10月11日まで
  2. 10月22日(火)~11月4日まで
    日本シリーズ出場チームは11月8日(金)まで
    ※CS・日本シリーズの試合状況によっては、日程が前後する可能性があります

西武ライオンズの戦力外・退団・自由契約候補は?

金子侑司

通算成績はこちら

山賊打線を支えた快速ランナーですが、ここ数年は安定した成績を上げることはできません。選手層が薄い外野陣の中でも目立った活躍ができませんがでした。

山野辺翔

通算成績はこちら

内野を複数ポジションまもれるUT性が売りの選手ですが、打つほうでのアピールをすることができませんでした。

鈴木将平

通算成績はこちら

巧打が売りの外野手ですが、安定したパフォーマンスを発揮することができていません。気が付けば入団8年目、結果が求められるシーズンです。

西川愛也

通算成績はこちら

こちらも、期待されて入団した選手ではありますが、気が付いたら7年目。2023年シーズンをきっかけに上向いていくと期待してファンも多いですが、、

西武ライオンズで引退する可能性がある選手

8月ごろに更新します。