本サイトではプロモーションが含まれています

【2024年】オリックスバファローズ現役ドラフト予想!条件と対象選手の考察

スポンサーリンク

2022年のオフシーズンから始まった現役ドラフト。

現役ドラフトで移籍したチームで活躍した選手もいるように、より活躍の場が期待できるファンも楽しみなイベントです。

この記事では、現役ドラフトの条件や昨年の傾向、現在のチーム成績から、今年のオリックスバファローズの現役ドラフト候補選手を予想していきます。

スポンサーリンク

現役ドラフトの条件は?

現役ドラフトの対象条件・年齢制限は?

  • 年俸5000万円未満
    ※1名は5000万円以上1億円未満でもOK
  • シーズン終了後から2024年シーズンにかけてトレードされてない
  • FA権を保有・行使していない
  • 日本人かつ、支配下登録選手である
  • シーズン終了後に育成から支配下登録されてない
  • 複数年契約をしていない

現在のドラフトルールをまとめると、対象者は上の条件を満たす必要があります。

現役ドラフト対象外の条件

  • 年俸5000万円以上の選手
    (1名に限り、1億円未満の選手を対象可能)
    (上記選択をした場合、5,000万円以下のせんしゅをついかでリストアップしなければならない)※2023年に追加
  • 前年のシーズン終了翌日から、トレードされた選手
  • シーズン終了後に育成から支配下登録した選手
  • FA権を行使したことがある・FA権を保有している選手
  • 育成・外国人選手
  • 複数年契約の選手

逆に、現役ドラフトの対象外になる選手の条件がこちらです。

年齢などの制限はありませんが、FA権保有者や行使している人、複数年契約の選手は現役ドラフト候補から外れます。

なので、ベテラン選手ほど候補から外れやすい傾向はあります。

オリックスバファローズの現役ドラフト対象選手は誰?

現在の現役ドラフトのルールから、オリックスバファローズの現役ドラフトの対象選手をまとめると以下のとおりです。

※所属/年齢は2024年シーズン開始時点のものです。
※実は複数年契約でした!というパターンもあるので、一部記載漏れがある場合があります。ご了承ください。

オリックスバファローズの現役ドラフト対象者5000万~1億円の選手

選手名 年齢 年数 守備 年俸(推定)
田嶋大樹 27 7年 投手 9,500
中川圭太 28 6年 内野手 9,000
頓宮裕真 27 6年 捕手 8,800
宗佑磨 27 10年 内野手 8,300
杉本裕太郎 33 9年 外野手 7,500
紅林弘太郎 22 5年 内野手 7,200
山﨑颯一郎 25 8年 投手 7,000
福田周平 31 7年 外野手 6,000
阿部翔太 31 4年 投手 6,000

オリックスバファローズの現役ドラフト対象者1,500万~5000万円の選手

選手名 年齢 年数 守備 年俸(推定)
宇田川優希 25 4年 投手 4,800
山田修義 32 15年 投手 4,300
山下舜平大 21 4年 投手 4,000
小木田敦也 25 3年 投手 3,600
野口智哉 24 3年 内野手 2,500
東晃平 24 7年 投手 2,400
佐野皓大 27 10年 外野手 2,200
本田仁海 24 7年 投手 2,200
茶野篤政 24 2年 外野手 2,100
廣岡大志 27 9年 内野手 2,000
山足達也 30 7年 内野手 1,900
宜保翔 23 6年 内野手 1,800
石川亮 28 11年 捕手 1,700
富山凌雅 26 6年 投手 1,600
曽谷龍平 23 2年 投手 1,600
吉田輝星 23 6年 投手 1,600
太田椋 23 6年 内野手 1,600

オリックスバファローズの現役ドラフト対象者~1,500万円の選手

選手名 年齢 年数 守備 年俸(推定)
村西良太 26 5年 投手 1,400
椋木蓮 24 3年 投手 1,400
鈴木博志 27 7年 投手 1,250
渡部遼人 24 3年 外野手 1,200
福永奨 24 3年 捕手 950
杉澤龍 23 2年 外野手 900
井口和朋 30 9年 投手 800
池田陵真 20 3年 外野手 800
来田涼斗 21 4年 外野手 760
横山楓 26 3年 投手 750
古田島成龍 24 1年 投手 700
髙島泰都 24 1年 投手 700
権田琉成 24 1年 投手 700
横山聖哉 18 1年 内野手 700
元謙太 21 4年 外野手 680
前佑囲斗 22 5年 投手 600
内藤鵬 19 2年 内野手 600
齋藤響介 19 2年 投手 600
河内康介 19 1年 投手 600
東松快征 18 1年 投手 600
大里昂生 24 3年 内野手 500
堀柊那 18 1年 捕手 500

過去の現役ドラフトの傾向

現役ドラフトの移籍時の年齢傾向

過去の現役ドラフト年齢傾向  2022年 2023年 分析

現役ドラフトで移籍した時の平均年齢は26歳でした。

現役ドラフトの条件からも、ベテランより若手が選ばれていることがわかります。

22~26歳で半分以上を占めています。22歳以下の選手が選ばれたことはありません。

現役ドラフトの年齢傾向は?

過去の現役ドラフト年俸傾向  2022年 2023年 分析

移籍対象選手の平均年俸は1420万円です。

移籍する半分の選手が1000万円を下回っています。

現役ドラフトのポジション傾向は?

過去の現役ドラフトポジション別傾向  2022年 2023年 分析

ポジションでは、半数以上が投手です。

チームの要ともなる、捕手はまだ1人も選ばれたことがありません。

2024年のオリックスバファローズ補強ポイントは?

2024年の野手成績

2024_パリリーグ打撃成績
※2024年5月19日時点の情報をもとに作成しています

ソフトバンクの打撃成績がかなりいいため、目立つことはありませんが、実はバファローズの数字は悪くありません。単純な長打力(IsoP)はやや低い印象があります。森選手の復調が待たれます。

OPSの指標については、こちらの記事で解説しています↓

2024年の投手成績

2024_パリーグ投手成績※2024年5月19日時点の情報をもとに作成しています

山本由伸が抜けた穴が不安が予想されていましたが、先発陣の防御率は大きく悪化はしていません。しかし、四死球をかなりハイペースで記録しているところはやや気になります。

オリックスバファローズの年齢分布図

2024年オリックスバファローズ 選手年齢層
※育成選手を含みます ※2024年4月の情報です

選手層のバランスは非常にいいです。連覇をしているチームの余裕からか若手中心に指名することができています。

オリックスバファローズの現役ドラフト候補選手の予想

横山楓

通算成績はこちら

2軍では安定した投球をすることができていますが、1軍ではいまいちアピールをすることができていません。ここまでの現役ドラフトでは20台中盤のリリーフ投手が対象になるケースがあります。

村西良太

通算成績はこちら

二軍で最優秀防御率のタイトルを獲得したこともありますが、こちらも1軍ではアピールすることがし切れていません。

渡部遼人

通算成績はこちら

俊足が魅力の選手。しかし、打撃成績がなかなか向上することがないため、安定して1軍で出場することができていない。身体能力が高いことはわかっているので、きっかけさえあれば。

2024年の現役ドラフトについて

現役ドラフトはいつ?日程は?

2024年の現役ドラフトは、12月6日と予想されています。

現役ドラフトのルールは?

現役ドラフト 対象者ルール 条件 年齢

現役ドラフトは、先ほど紹介した現役ドラフトの対象者から2名ずつ名簿を提出します。

そして各球団最低1名ずつ、指名していくルールです。

より詳しい現役ドラフトのルールについてはこちらの記事をどうぞ。
画像付きで、わかりやすく説明しています↓

現役ドラフト対象選手・候補は?

セ・リーグの現役ドラフト対象者・候補予想

パ・リーグの現役ドラフト対象者・候補予想