本サイトではプロモーションが含まれています

【2024年】東京ヤクルトスワローズ現役ドラフト予想!条件と対象選手の考察

スポンサーリンク

2022年のオフシーズンから始まった現役ドラフト。

現役ドラフトで移籍したチームで活躍した選手もいるように、より活躍の場が期待できるファンも楽しみなイベントです。

この記事では、現役ドラフトの条件や昨年の傾向、現在のチーム成績から、今年の東京ヤクルトスワローズの現役ドラフト候補選手を予想していきます。

スポンサーリンク

現役ドラフトの条件は?

現役ドラフトの対象条件・年齢制限は?

  • 年俸5000万円未満
    ※1名は5000万円以上1億円未満でもOK
  • シーズン終了後から2024年シーズンにかけてトレードされてない
  • FA権を保有・行使していない
  • 日本人かつ、支配下登録選手である
  • シーズン終了後に育成から支配下登録されてない
  • 複数年契約をしていない

現在のドラフトルールをまとめると、対象者は上の条件を満たす必要があります。

現役ドラフト対象外の条件

  • 年俸5000万円以上の選手
    (1名に限り、1億円未満の選手を対象可能)
    (上記選択をした場合、5,000万円以下のせんしゅをついかでリストアップしなければならない)※2023年に追加
  • 前年のシーズン終了翌日から、トレードされた選手
  • シーズン終了後に育成から支配下登録した選手
  • FA権を行使したことがある・FA権を保有している選手
  • 育成・外国人選手
  • 複数年契約の選手

逆に、現役ドラフトの対象外になる選手の条件がこちらです。

年齢などの制限はありませんが、FA権保有者や行使している人、複数年契約の選手は現役ドラフト候補から外れます。

なので、ベテラン選手ほど候補から外れやすい傾向はあります。

東京ヤクルトスワローズの現役ドラフト対象選手は誰?

現在の現役ドラフトのルールから、東京ヤクルトスワローズの現役ドラフトの対象選手をまとめると以下のとおりです。

※所属/年齢は2024年シーズン開始時点のものです。
※実は複数年契約でした!というパターンもあるので、一部記載漏れがある場合があります。ご了承ください。

東京ヤクルトスワローズの現役ドラフト対象者5000万~1億円の選手

選手名 年齢 年数 守備 年俸(推定)
塩見泰隆 30 7年 外野手 7,100
木澤尚文 26 4年 投手 5,200

東京ヤクルトスワローズの現役ドラフト対象者1,500万~5000万円の選手

選手名 年齢 年数 守備 年俸(推定)
高橋奎二 26 9年 投手 4,800
長岡秀樹 22 5年 内野手 4,100
今野龍太 28 11年 投手 3,400
山崎晃大朗 30 9年 外野手 3,300
大西広樹 26 5年 投手 3,200
原樹理 30 9年 投手 3,000
星知弥 30 8年 投手 3,000
小澤怜史 26 9年 投手 3,000
内山壮真 21 4年 捕手 2,600
宮本丈 29 7年 内野手 2,200
吉村貢司郎 26 2年 投手 2,100
奥川恭伸 23 5年 投手 2,100
宮川哲 28 5年 投手 2,000
濱田太貴 23 6年 外野手 2,000
西田明央 31 14年 捕手 1,800
古賀優大 25 8年 捕手 1,800
北村拓己 28 7年 内野手 1,700
丸山和郁 24 3年 外野手 1,600
西舘昂汰 22 1年 投手 1,600
山本大貴 28 7年 投手 1,500
並木秀尊 25 4年 外野手 1,500
松本健吾 25 1年 投手 1,500

東京ヤクルトスワローズの現役ドラフト対象者~1,500万円の選手

選手名 年齢 年数 守備 年俸(推定)
太田賢吾 27 10年 内野手 1,400
武岡龍世 22 5年 内野手 1,100
山下輝 24 3年 投手 1,050
柴田大地 26 3年 投手 1,000
松本直樹 30 7年 捕手 950
澤井廉 23 2年 外野手 950
山野太一 25 4年 投手 900
金久保優斗 24 7年 投手 900
北村恵吾 23 2年 内野手 900
石原勇輝 22 1年 投手 900
阪口皓亮 24 7年 投手 850
三ツ俣大樹 31 14年 内野手 800
長谷川宙輝 25 8年 投手 750
尾仲祐哉 29 8年 投手 700
丸山翔大 25 4年 投手 700
赤羽由紘 23 4年 内野手 700
伊藤琉偉 21 1年 内野手 700
西村瑠伊斗 19 2年 内野手 670
増田珠 24 7年 内野手 600
竹山日向 20 3年 投手 580
鈴木叶 18 1年 捕手 550
小森航大郎 20 3年 内野手 540
坂本拓己 19 2年 投手 520
岩田幸宏 26 3年 外野手 320

過去の現役ドラフトの傾向

現役ドラフトの移籍時の年齢傾向

過去の現役ドラフト年齢傾向  2022年 2023年 分析

現役ドラフトで移籍した時の平均年齢は26歳でした。

現役ドラフトの条件からも、ベテランより若手が選ばれていることがわかります。

22~26歳で半分以上を占めています。22歳以下の選手が選ばれたことはありません。

現役ドラフトの年齢傾向は?

過去の現役ドラフト年俸傾向  2022年 2023年 分析

移籍対象選手の平均年俸は1420万円です。

移籍する半分の選手が1000万円を下回っています。

現役ドラフトのポジション傾向は?

過去の現役ドラフトポジション別傾向  2022年 2023年 分析

ポジションでは、半数以上が投手です。

チームの要ともなる、捕手はまだ1人も選ばれたことがありません。

2024年の東京ヤクルトスワローズ補強ポイントは?

2024年の野手成績

2024_セリーグ打撃成績
※2024年5月19日時点の情報をもとに作成しています。

狭い球場を本拠地にしているのはありますが、主砲の村上を筆頭に確実に成績を残す選手がいました。二遊間を守る選手の成績が安定しません。

OPSの指標については、こちらの記事で解説しています↓

2024年の投手成績

2024_セリーグ投手成績
※2024年5月19日時点の情報をもとに作成しています

狭い球場を本拠地にしているので、ある程度は仕方ないです。神宮球場ということを考えれば良くやっているといえるでしょう。

東京ヤクルトスワローズの年齢分布図

2024年 東京ヤクルトスワローズ 選手年齢層
※育成選手を含みます ※2024年4月の情報です

選手のバランスは非常にいいです。今後の選手の獲得方針も同様で問題ないでしょう。

東京ヤクルトスワローズの現役ドラフト候補選手の予想

金久保優斗

通算成績はこちら

2023年シーズンは二軍で15試合に登板するも、防御率5点台と低迷。一軍での登板は1試合のみに終わった。中継ぎ投手はこれまで現役ドラフト対象になりやすく、リストアップされる可能性ありです。

阪口皓亮

通算成績はこちら

2023年途中にDeNAからトレードで加入。リリーフとして13試合に登板するなど、新天地で存在感を示した。2024年にじっせこいおを残せないとこちらもリリーフのため可能性が高いです。

長谷川宙輝

通算成績はこちら

こちらもリリーフ投手。2023年は2軍でいい成績を残せていたため、2024年こそは1軍で成績を残したいところです。

2024年の現役ドラフトについて

現役ドラフトはいつ?日程は?

2024年の現役ドラフトは、12月6日と予想されています。

現役ドラフトのルールは?

現役ドラフト 対象者ルール 条件 年齢

現役ドラフトは、先ほど紹介した現役ドラフトの対象者から2名ずつ名簿を提出します。

そして各球団最低1名ずつ、指名していくルールです。

より詳しい現役ドラフトのルールについてはこちらの記事をどうぞ。
画像付きで、わかりやすく説明しています↓

現役ドラフト対象選手・候補は?

セ・リーグの現役ドラフト対象者・候補予想

パ・リーグの現役ドラフト対象者・候補予想