本サイトではプロモーションが含まれています

【2024年】千葉ロッテマリーンズ現役ドラフト予想!条件と対象選手の考察

スポンサーリンク

2022年のオフシーズンから始まった現役ドラフト。

現役ドラフトで移籍したチームで活躍した選手もいるように、より活躍の場が期待できるファンも楽しみなイベントです。

この記事では、現役ドラフトの条件や昨年の傾向、現在のチーム成績から、今年の千葉ロッテマリーンズの現役ドラフト候補選手を予想していきます。

スポンサーリンク

現役ドラフトの条件は?

現役ドラフトの対象条件・年齢制限は?

  • 年俸5000万円未満
    ※1名は5000万円以上1億円未満でもOK
  • シーズン終了後から2024年シーズンにかけてトレードされてない
  • FA権を保有・行使していない
  • 日本人かつ、支配下登録選手である
  • シーズン終了後に育成から支配下登録されてない
  • 複数年契約をしていない

現在のドラフトルールをまとめると、対象者は上の条件を満たす必要があります。

現役ドラフト対象外の条件

  • 年俸5000万円以上の選手
    (1名に限り、1億円未満の選手を対象可能)
    (上記選択をした場合、5,000万円以下のせんしゅをついかでリストアップしなければならない)※2023年に追加
  • 前年のシーズン終了翌日から、トレードされた選手
  • シーズン終了後に育成から支配下登録した選手
  • FA権を行使したことがある・FA権を保有している選手
  • 育成・外国人選手
  • 複数年契約の選手

逆に、現役ドラフトの対象外になる選手の条件がこちらです。

年齢などの制限はありませんが、FA権保有者や行使している人、複数年契約の選手は現役ドラフト候補から外れます。

なので、ベテラン選手ほど候補から外れやすい傾向はあります。

千葉ロッテマリーンズの現役ドラフト対象選手は誰?

現在の現役ドラフトのルールから、千葉ロッテマリーンズの現役ドラフトの対象選手をまとめると以下のとおりです。

※所属/年齢は2024年シーズン開始時点のものです。
※実は複数年契約でした!というパターンもあるので、一部記載漏れがある場合があります。ご了承ください。

千葉ロッテマリーンズの現役ドラフト対象者5000万~1億円の選手

選手名 年齢 年数 守備 年俸(推定)
藤岡裕大 30 7年 内野手 8,000
佐々木朗希 22 5年 投手 8,000
田村龍弘 29 12年 捕手 7,000
安田尚憲 25 7年 内野手 5,500
種市篤暉 25 8年 投手 5,200
東條大樹 32 9年 投手 5,000
国吉佑樹 32 15年 投手 5,000

 

千葉ロッテマリーンズの現役ドラフト対象者1,500万~5000万円の選手

選手名 年齢 年数 守備 年俸(推定)
佐藤都志也 26 5年 捕手 4,350
山口航輝 23 6年 外野手 4,300
岩下大輝 27 10年 投手 4,200
西村天裕 30 7年 投手 4,000
坂本光士郎 29 6年 投手 3,800
二木康太 28 11年 投手 3,500
小野郁 27 10年 投手 3,500
井上晴哉 34 11年 内野手 3,200
藤原恭大 23 6年 外野手 3,200
東妻勇輔 28 6年 投手 3,000
愛斗 27 9年 外野手 2,900
石川慎吾 30 13年 外野手 2,800
髙部瑛斗 26 5年 外野手 2,800
和田康士朗 25 7年 外野手 2,500
中村稔弥 27 6年 投手 2,000
平沢大河 26 9年 内野手 2,000
茶谷健太 26 9年 内野手 2,000
松川虎生 20 3年 捕手 2,000
澤田圭佑 29 8年 投手 1,940
友杉篤輝 23 2年 内野手 1,900
鈴木昭汰 25 4年 投手 1,800
横山陸人 22 5年 投手 1,800
池田来翔 24 3年 内野手 1,600
菊地吏玖 23 2年 投手 1,600
上田希由翔 22 1年 内野手 1,600
柿沼友哉 30 9年 捕手 1,500
廣畑敦也 26 3年 投手 1,500
中森俊介 21 4年 投手 1,500

千葉ロッテマリーンズの現役ドラフト対象者~1,500万円の選手

選手名 年齢 年数 守備 年俸(推定)
本前郁也 26 5年 投手 1,200
小川龍成 26 4年 内野手 1,200
大谷輝龍 23 1年 投手 1,200
高野脩汰 25 2年 投手 1,150
八木彬 26 3年 投手 1,100
大下誠一郎 26 5年 内野手 800
二保旭 33 16年 投手 700
森遼大朗 25 7年 投手 700
田中晴也 19 2年 投手 600
木村優人 18 1年 投手 600
秋山正雲 20 3年 投手 560
早坂響 18 1年 投手 560
植田将太 26 5年 捕手 500
金田優太 19 2年 内野手 500
寺地隆成 18 1年 捕手 500
山本大斗 21 4年 外野手 460

過去の現役ドラフトの傾向

現役ドラフトの移籍時の年齢傾向

過去の現役ドラフト年齢傾向  2022年 2023年 分析

現役ドラフトで移籍した時の平均年齢は26歳でした。

現役ドラフトの条件からも、ベテランより若手が選ばれていることがわかります。

22~26歳で半分以上を占めています。22歳以下の選手が選ばれたことはありません。

現役ドラフトの年齢傾向は?

過去の現役ドラフト年俸傾向  2022年 2023年 分析

移籍対象選手の平均年俸は1420万円です。

移籍する半分の選手が1000万円を下回っています。

現役ドラフトのポジション傾向は?

過去の現役ドラフトポジション別傾向  2022年 2023年 分析

ポジションでは、半数以上が投手です。

チームの要ともなる、捕手はまだ1人も選ばれたことがありません。

2024年の千葉ロッテマリーンズ補強ポイントは?

2024年の野手成績

2024_パリリーグ打撃成績
※2024年5月19日時点の情報をもとに作成しています

近年貧打に悩まされているロッテです。出塁率がなかなか上向かず安定した攻撃をすることがなかなかできておりません。捕手・セカンド・レフトは大幅にプラス。他のポジションでは大幅にマイナスになっており、バランスが悪いです。

OPSの指標については、こちらの記事で解説しています↓

2024年の投手成績

2024_パリーグ投手成績※2024年5月19日時点の情報をもとに作成しています

一方の投手陣ですが、四死球を出してしまうケースが多いため、投打がかみ合うことが少ないゲーム展開が多くなっているのが現状です。

千葉ロッテマリーンズの年齢分布図

2024年千葉ロッテマリーンズ 選手年齢層
※育成選手を含みます ※2024年4月の情報です

選手層のバランスは非常にいいです。若手を中心に選手を指名することができています。

千葉ロッテマリーンズの現役ドラフト候補選手の予想

小川龍成

通算成績はこちら

内外野をこなすことができるユーティリティプレイヤーです。代走や守備固めとしてチームに貢献していますが、バッティングが課題になっています。

八木彬

通算成績はこちら

安定した投球をすることがなかなかできていない。20台中盤のリリーフ投手は現役ドラフト対象になりやすい傾向がある。

森遼大朗

通算成績はこちら

育成出身の投手。2024年に先発ローテーションへの定着がかなわない場合、現役ドラフト対象に名前を連ねる可能性が高くなる。

2024年の現役ドラフトについて

現役ドラフトはいつ?日程は?

2024年の現役ドラフトは、12月6日と予想されています。

現役ドラフトのルールは?

現役ドラフト 対象者ルール 条件 年齢

現役ドラフトは、先ほど紹介した現役ドラフトの対象者から2名ずつ名簿を提出します。

そして各球団最低1名ずつ、指名していくルールです。

より詳しい現役ドラフトのルールについてはこちらの記事をどうぞ。
画像付きで、わかりやすく説明しています↓

現役ドラフト対象選手・候補は?

セ・リーグの現役ドラフト対象者・候補予想

パ・リーグの現役ドラフト対象者・候補予想